NSW州農業生産額、大雨の影響で10%減へ

ニューサウスウェールズ(NSW)州第1次産業省(DPI)によると、2021/22年度(21年7月から22年6月)の農業総生産額は、前年度から23%増加し、231億豪ドル(1豪ドル=約94円)と2年連続で過去最高を更新した。だが22/23年度は異常気象の影響で、10%減少するとの予想だ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について