トップ記事
豪の冬作物、3年連続の豊作へ コメと綿花は大幅減新着!!

オーストラリア農業資源経済・科学局(ABARES)は6日、2022/23年度(22年7月ー23年6月)の冬作物の生産量が6,200万トンに達し、前年度に記録した過去最高からわずかに減少するものの、歴代2位の豊作になるとの […]

続きを読む
穀物
SA州、今季穀物生産量が過去最大に新着!!

南オーストラリア(SA)州第1次産業・地域省(PIRSA)は、2022/23年シーズンの穀物の生産量が2016/17年に記録された1,110万トンを超え、過去最高となる1,210万トンに達するとの予想を発表した。また、豊 […]

続きを読む
畜産
豪の農業、輸出額は過去最高へ新着!!

オーストラリアの2022/23年度(22年7月−23年6月)の農産物生産高は852億豪ドル(1豪ドル=約92円)で、前年度からわずかに減少するものの、過去2番目の額になる見通しと農業資源経済・科学局(ABARES)が6日 […]

続きを読む
畜産
NSW農業生産額、大雨の影響で10%減へ新着!!

ニューサウスウェールズ(NSW)州第1次産業省(DPI)によると、2021/22年度(21年7月ー22年6月)の農業総生産額は、前年度から23%増加し、231億豪ドル(1豪ドル=約94円)と2年連続で過去最高を更新した。 […]

続きを読む
穀物
豪産の麦芽用大麦、飼料用との価格差が拡大新着!!

オーストラリアでは現在、大麦の収穫が25%程度終了し、今年の収穫量は1,350万トンが見込まれている。南東部での多雨の影響でモルト(麦芽)生産に用いられる大麦の品質低下が予想され、飼料大麦と麦芽用大麦の価格差が急激に拡大 […]

続きを読む
畜産
今週の農業1行フラッシュニュース!(2022年12月9日)新着!!

【穀物】豪の穀物集荷、東西で順調(WA) WA州の穀物業者CBHは、先月28日から12月4日までの間で338万9,600トンの穀物を集荷し、今シーズンの合計集荷量が1,034万9,605トンに達したと発表した。また、東部 […]

続きを読む
穀物
穀物集荷、東西ともペース上げる

西オーストラリア(WA)州最大の穀物業者CBHグループは、11月27日までの1週間の穀物集荷量が298万トンで、今シーズンの合計集荷量が693万トンになったと発表した。一方で東部州の同業グレインコープは28日までの1週間 […]

続きを読む
穀物
WA州穀物農家、農場の排出量計算可能に

西オーストラリア(WA)州の穀物業界向けに、各農場における温室効果ガスの排出量を算出できるデータセットが提供される見通しだ。穀物農家はこれを活用して農場での排出削減を進め、持続可能なビジネスモデルの構築に役立てることがで […]

続きを読む
新着
NSW州農業生産額、大雨の影響で10%減へ

ニューサウスウェールズ(NSW)州第1次産業省(DPI)によると、2021/22年度(21年7月から22年6月)の農業総生産額は、前年度から23%増加し、231億豪ドル(1豪ドル=約94円)と2年連続で過去最高を更新した […]

続きを読む
穀物
穀物集荷、東西ともに大幅遅れ

西オーストラリア(WA)州最大の穀物業者CBHグループは、20日まで1週間の穀物集荷量が148万7,500トンで、今シーズンの合計集荷量は391万4,998トンになったと発表した。一方で、東部州最大の穀物商社グレインコー […]

続きを読む