豪欧FTA急進展、来年2月の妥結視野に

オーストラリアと自由貿易協定(FTA)交渉を続けている欧州連合(EU)が、遅くとも来年2月までに妥結したい考えを表明した。アルバニージー労働党政権が先ごろ法制化した温室効果ガスの排出削減目標がEUの求める水準を満たしたためだ。EU側は、チーズの「フェタ」やワインの「プロセッコ」といった地理的表示(GI)に基づく名称保護についても、交渉の余地はあるとしている。地元各紙が報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について