高価値の豪産アボカドを日本へ 青果コスタ・マーケティング部長インタビュー

オーストラリアで、アボカドの供給過剰が深刻だ。スーパーでは格安で売られ、生産者は薄利に悲鳴を上げている。産業の持続可能性を左右するのは市場多様化で、特に有望な輸出先と考えられているのが日本だ。今回は、青果大手コスタのアボカド・バナナ・マーケティング部門長、コーマック・トゥ・クルート氏に、日本へのアボカド輸出戦略について話を聞いた。【ウェルス編集部】

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について