豪の高品質ブドウ、日本の店頭へ 葡萄ファームズ経営者 松崎絢子さんインタビュー

日本の大手スーパーの店頭に、日本人が作ったオーストラリア産ブドウが並んでいる。生産したのはビクトリア州ミルデュラの「葡萄ファームズ」(Budou Farms)だ。同ファームはブドウの品質を高めるためオーストラリアでは一般的でない生産手法を採り入れ、物流にも最新のテクノロジーを採用する。日本が2014年にオーストラリア産生食用ブドウの輸入を解禁して以降、右肩上がりに成長した。現在は収穫のほぼすべてを日本に輸出しているが、日本の顧客の開拓には思いがけない苦労もあったという。同社を経営する松崎絢子さんに話を聞いた。【ウェルス編集部】

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について