トレジャリー、 高級ブランドで中国の穴埋め

2020年に中国で導入されたオーストラリア産ワインに対する反ダンピング関税が継続する中で、オーストラリアの醸造大手トレジャリー・ワイン・エステーツ(TWE)の業績が堅調だ。高級ブランド、ペンフォールズの他国市場への展開を進めたことで、22年度(21年7月−22年6月)の利益率は21.1%で、前年比1.3%上昇した。また税引後純利益も2億6,320万豪ドル(1豪ドル=約95円)で、5.3%増加した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について