豪研究で新たな酵母染色体、 ワインに応用も

オーストラリアのARCセンター・オフ・エクセレンス・イン・シンセティック・バイオロジーとマッコーリー大学、オーストラリアワイン研究所(AWRI)の研究者らはこのほど、まったく新しい酵母染色体を開発した。ワインや日本酒の生産などに利用できる可能性があり、業界に革新をもたらすと見込まれている。ワインタイトルズ・メディアが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について