イチゴ農家が悲鳴、供給回復で価格が急落

オーストラリアで6月に1パック当たり12豪ドル(1豪ドル=約95円)と過去最高値を付けたイチゴが、供給が増加した現在、価格が5分の1となる2.3豪ドルまで下落している。生産者は供給安定後も高コスト体制を反映した高水準の価格の維持を望んでいたが、望みは叶わなかったようだ。公共放送ABCが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について