新農業予算は環境重視 生産者は不満

オーストラリア連邦政府は25日に発表した2022/23年度予算案で、農業分野に対し12億豪ドル(1豪ドル=約95円)を割り当てた。バイオセキュリティーの強化と気候・環境問題に関連する分野を重視した予算配分で、林業や家畜のメタン排出を削減する海藻の養殖業界も投資の対象とした。一方で地方部インフラや水資源の確保、サプライチェーン(供給網)の改善など、農業界が現在直面している問題を解決する方策がないとして、生産者からは不満の声も上がっている。【ウェルス編集部】

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について