日豪合弁、元製糖工場でバイオ燃料製造計画

日豪のパートナーシップの下に設立されたオーストラリアのアドバンスト・エナジーズ・グループ(AEG)は、2020年に閉鎖されたクイーンズランド(QLD)州中央部メリバラ(Maryborough)の製糖工場を購入し、サトウキビ由来のバイオ燃料を製造する計画だ。公共放送ABCが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について