エルダーズ、ハイテク羊毛集荷場を新設

200年以上続くオーストラリアの羊毛産業では、近年、取扱設備の現代化が進み、2020/21年度には売上高が26億豪ドル(1豪ドル=約92円)に上った羊毛生産を技術革新が支えている。農業関連サービスのエルダーズは、2,500万豪ドルを投じ、メルボルン郊外のレイブンホールに新しいハイテク羊毛集荷倉庫を建設している。ストック・アンド・ランドが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について