ミツバチ8万匹不足、アーモンド業界が悲鳴

ニューサウスウェールズ(NSW)州ニューカッスルで先月、ミツバチの寄生虫バロアダニ(ミツバチヘギイタダニ)が見つかったことを受け、同州の一部地域でミツバチの巣箱の移動が禁止されている。ビクトリア(VIC)州のアーモンド業界は向こう数週間に開花時期を迎えるが、NSW州の移動禁止措置により、授粉に必要となるミツバチが8万匹不足する見通しだ。地元各紙が報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について