SA青果水耕生産大手、 投資パートナー求む

南オーストラリア(SA)州の大手青果生産業者P'Petualホールディングスが、事業拡大を視野に3,000万豪ドル(1豪ドル=約92円)規模の投資パートナーを探している。同社はトマトやキュウリ、ナスをグラスハウス(ガラス張りの温室)の水耕栽培で通年生産し、大手スーパーに卸している。農業誌ストックジャーナルが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について