豪の穀物絶好調、豊作3年目へ 多雨で恩恵

オーストラリア農業資源経済・科学局(ABARES)は6日、2022/23年度(22年7月ー23年6月)の冬作物の生産量が5,550万トンに達し、4位の豊作になると予想した。また夏作物は、作付面積が155万ヘクタール(ha)に上り、生産量は過去5番目に多い520万トンと見込む。過去最高だった前年からは後退するものの、雨の多い気候条件に支えられ、穀物生産は好調な3年目を迎える。【ウェルス編集部】

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について