丸住製紙傘下、NZ南島から木材チップ初輸出

丸住製紙と丸紅が共同出資してニュージーランド(NZ)に設立したウッドチップ製造・供給会社マルスミ・ワンガレイが16日、オーストラリアの植林企業ワンフォーティーワン(OneFortyOne、OFO)がNZに保有するカイツナ製材所との提携を通じて、南島マールボロ港から日本向けに初めてウッドチップを輸出したことが分かった。ティンバービズが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について