王子傘下パンパック、木材燃やし地域貢献

王子ホールディングス傘下企業で、ニュージーランド(NZ)で営林やパルプ・木材製品の製造販売を行うパンパック・フォレスト・プロダクツがこのほど、北島のホークスベイの製材所で、処理木材(Treated timber)の燃焼試験を行うことが分かった。試験が成功すれば、年間1万4,000トンの処理木材を燃焼させ、廃棄物の埋め立てを減量しエネルギーを生成する計画だ。地域貢献につながるという。NZヘラルドが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について