豪木材価格、建設ブームで値上げ続く

オーストラリアの2022年1-3月期の木材市場調査(TMS)で、針葉樹の主要な未処理構造木材品のグレードMGP10の価格は前四半期に比べ4.0-4.5%上昇し、MPG12は4.3-4.4%上昇した。対前年比はそれぞれ35.1-39.3%、34.6-36.8%と前回に引き続き大きく上昇した。住宅建設ブームによる需要増加が影響したという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について