ロシアの穀物輸出合意停止、 豪への影響は?

ロシア政府が先月29日、国連が仲介した黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意への参加を停止したことで、輸出市場における穀物価格の不確実性が高まっている。オーストラリアの農業市場分析企業は、黒海からの輸出の制限は世界の穀物価格に大規模な連鎖反応を招くと指摘している。一方で今月3日にはロシアが合意の再開を受け入れたとされる。農業誌ウイークリー・タイムズなどが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について