デリバルー豪撤退、ウーバー独占に懸念

英系フードデリバリーサービスのデリバルーが、オーストラリア事業から撤退することを決めた問題で、配達員の失業だけでなく飲食店側にも懸念が広がっている。最大手ウーバーイーツの市場シェアがさらに高まることで、コミッションの引き上げが余儀なくされる可能性があるという。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)などが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について