豪北部の生体輸出用牛、価格に下落圧力

オーストラリア北部では過去3年間にわたり生体輸出用の牛の価格が上昇し続けてきたが、牛群の回復に伴う供給拡大と海外からの需要の伸び悩みを受け、価格は転換期を迎えている。ビーフセントラルが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について