EUの森林破壊関連品規制、豪畜牛業界に波紋

欧州連合(EU)加盟国と欧州議会が昨年12月に、大豆や牛肉、コーヒー、パーム油などの一部の商品に関して、2020年12月31日以降に森林破壊・伐採が行われた農地で生産された商品の域内での販売を禁止する規制案で合意したことを受け、オーストラリアの畜牛業界に波紋が広がっている。ランドが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について