牛のメタン削減飼料、海藻よりも安価な新薬剤

オーストラリアでは家畜のメタンガス排出量の削減効果がある海藻カギケノリ(Asparagopsis)を用いた飼料添加剤の商業販売が開始されたものの、費用の高さやカギケノリの養殖規模の拡大可否に関して疑問の声が上がっている。そんな中、パース拠点のルーミン8(Rumin8)が開発した、カギケノリと同様のメタン削減効果を持つ薬剤が注目を集めている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について