口蹄疫懸念で急落の畜牛価格、8月入り安定か

オーストラリアの畜牛市場は、ベンチマークとなる東部地区若齢牛指標価格(EYCI)が6月以降に下落が続いた後、8月に入り安定して上昇している。価格急落は隣国インドネシアで流行している口蹄疫に対する懸念だけでなく、食肉加工コストの急騰なども影響したとされるが、同指標は7月末に底を打ち、急速な回復を見せている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について