マレー産パイナップル輸入、病原菌侵入に懸念

豪検疫検査局(AQIS)傘下の分析機関バイオセキュリティー・オーストラリア(BA)がマレーシアからのパイナップル輸入に関するリスク分析を進めていることを受け、国内のパイナップル生産者の間では、病原菌の侵入を懸念する声が上がっている。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について