NZゼスプリ、品質回復に向け作付制限

ニュージーランド(NZ)のキウイフルーツ輸出業者ゼスプリが、2023年の黄色の品種サンゴールドの作付面積を2年連続で制限する方向で検討していることが分かった。果実の品質低下と労働力不足により、今後数年は生産を縮小する必要があるとみているようだ。各紙が伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について