豪でエビ養殖、計画再開へ ニッスイ出資のシーファーム

日本水産(ニッスイ、東京都港区)が出資するオーストラリアのエビ養殖大手シーファーム・グループ(SFG)はこのほど開催した年次総会で、北部準州(NT)に世界最大級のエビ養殖場を開設する「プロジェクト・シードラゴン(PSD)」に関し、「プロジェクトを進めるべきでない技術的な理由はない」との見解を明らかにした。同社は今年4月、商業的利益は得られないことが判明したと発表しており、今回の表明でそれを覆した形だ。【ウェルス編集部】

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について