豪貿易相、中国TPP入りは時期尚早=豪中協議

12日に北京で行われたオーストラリアのファレル貿易相と中国の王文濤商務相の会談は、オーストラリア側が制裁対象のワインや大麦、牛肉などの報復関税や輸入制限の撤廃を求めたものの、中国側から具体的な回答は得られず、両国は「対話の強化」に合意したのみとなった。一方、王氏は中国の環太平洋連携協定(TPP)への加盟意思を説明したが、ファレル氏は時期尚早と回答した。中国はその後18日、オーストラリア産木材の輸入を再開すると発表した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について