製材界に山火事影響続く、供給不足と保険高騰

オーストラリアの東部州の製材所が、2019年の山火事と洪水から3年経過した現在でも、不十分な木材の供給に苦悩している。昨年初頭の大雨も森林への道路を損壊し、伐採業者の森林へのアクセスを拒んでいるという。また災害のリスクが顕在化したことで、保険の条件が厳格化し業界のコスト圧力が増している。オーストラリアンが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について