乳業UDCが乳価引上げ、酪農家高コストで

ビクトリア州の乳業加工会社ユニオン・デアリー・カンパニー(UDC)が、今シーズンの生産者乳価を0.25豪ドル(乳固形分1キロ当たり、1豪ドル=約94円)引き上げて、同9.9豪ドルに設定したことが分かった。酪農家の飼料や肥料、エネルギーのコスト上昇が引き上げの理由という。乳価の引き上げは、業界で2社目だ。農業誌ウイークリー・タイムズが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について