コストと人手不足、豪の酪農家が投資に躊躇

雨が多すぎる気候条件と生産コストの高騰、労働力不足がオーストラリアの酪農業界に圧力を加えているようだ。農業系銀行ラボバンクは、牛乳の販売価格は今後、30%上昇する可能性があるとする一方で、酪農家が長期的な投資に躊躇していると指摘した。ウエスト・オーストラリアンが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について