COPAR、堆肥化可能な食品容器を生産へ

オーストラリアで使い捨てプラスチックの禁止計画が進む中、持続可能な包装ソリューションを開発するCOPARは来年、ニューサウスウェールズ(NSW)州バサーストに初のコンポスタブル(堆肥化可能)容器の工場を設立する計画だ。同社が開発する小麦わら繊維ベースの容器は、オーストラリアでは初の試み。食品誌フード&ビバレッジが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について