豪生体牛輸出が停止、インドネシア口蹄疫で

オーストラリアの生体牛輸出が急停止している。最大の輸出先であるインドネシアで口蹄疫が流行し、同国の肥育場が口蹄疫に感染する可能性のある牛への資金投下を避けるため、大量の注文をキャンセルしたためだ。ファームオンラインが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について