コンテナ物流価格が軟化、でも限定的

海運用コンテナの入手可能性が上昇し、価格も下落傾向がみられるという。新型コロナウイルスの流行により、過去2年間高止まりしていた貨物運賃は、2021年第4四半期にスポット運賃が過去最高水準から後退し、軟化し始めているという。ただ、依然としてコロナ前の価格の約3−5倍にとどまっており、下落は限定的で、安定化にはもうしばらく時間がかかるという。ファーム・オンラインなどが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について