豪の肥育牛頭数、減少も100万頭は維持

オーストラリアの2022年第3四半期(7−9月)の穀物肥育牛は105万6,056頭で、前四半期に比べ13万9,410頭(11.6%)減少したことが業界団体オーストラリア・ロットフィーダーズ協会(ALFA)とオーストラリア食肉家畜生産者事業団(MLA)の調査で判明した。MLAは、肥育頭数は依然として100万頭を超えており、業界の強さを示しているとしたが、南オーストラリア(SA)州を除くすべての州で減少した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について