肥料価格が下落、中国の市場復帰で

オーストラリアの複合企業ウェスファーマーズの肥料子会社で西オーストラリア(WA)州を拠点とするCSBPによると、窒素やリン酸塩、カリなどの肥料として用いられる化学品の価格が下落しているという。中国が市場に再参入したことが背景とされる。農業誌ファーム・ウイークリーが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について