深海魚オンレジラフィー、TASで漁獲再開

オーストラリアのタスマニア(TAS)州では2006年以降、個体数の大幅な減少を理由にオレンジラフィー(ヒウチダイ科の魚)の商業漁獲が禁止されていたが、生息数の改善によって保護規制が解かれ、同州北部の水産会社ジョージ・タウン・シーフーズでこのほど、オレンジラフィーの加工が再開された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について