ニッスイ出資のシーファーム、 身売り観測

日本水産株式会社(ニッスイ、東京都港区)が出資するオーストラリアのエビ養殖会社シーファーム(Seafarms)が、事業の売却を検討しているとの臆測が広がっている。クイーンズランド州を拠点とする同社は、業界最大手かつ最も評価の高い養殖企業の一つだが、北部準州(NT)に世界最大のエビ養殖場を開設する「プロジェクト・シードラゴン(PSD)」が頓挫し、先行きが不透明な状況だ。オーストラリアンが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について