製紙オパールの養殖場計画、政府から補助金

オーストラリア・ビクトリア(VIC)州の製紙会社で日本製紙子会社のオパール・オーストラリアン・ペーパーは、プロジェクトパートナーのメインストリーン・アクアカルチャーと、製紙工場から出る余熱を利用したバラマンディの屋内養殖場(総額1億2,500万豪ドル、1豪ドル=約91円)を計画しており、このほど連邦政府から3,000万豪ドルの補助金を受給した。公共放送ABCが伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について