豪・NZの食品業界のニュースが満載!

世界を食べる
豪レストラン業界の見通し明るく=調査

米国の決済大手ブロック(旧スクエア)が市場調査会社ウェイクフィールド・リサーチと共同で作成した年次報告書「Future of Commerce」によると、オーストラリアのレストラン・小売業界の見通しは明るいという。インサ […]

続きを読む
世界を食べる
ドリスコルズ、 「甘い」イチゴを豪で発売

米カリフォルニア州を拠点とするベリー業界世界最大手の米ドリスコルズ(Driscoll's)はオーストラリアで今夏、イチゴの新ブランド「スウィーテスト・バッチ(Sweetest Batch)」を正式に発売した。通常のイチゴ […]

続きを読む
世界を食べる
「NZ産なのにオージー色」豪酪農家が問題視

オーストラリアの酪農業界が、小売り大手ウールワースが販売するチーズの自社ブランド「ヒルビュー(Hillview)」のパッケージの変更を要求している。ニュージーランド(NZ)産のチーズであるにもかかわらずオーストラリアの国 […]

続きを読む
世界を食べる
家族向けエンタメ・レストラン、 豪に進出

子どもや家族をターゲットにゲームセンターの要素が加味された米国のピザチェーン、チャッキーチーズ(Chuck E. Cheese)がオーストラリアに進出する計画だ。ロイヤル・ホスピタリティーグループ(Royale Hosp […]

続きを読む
世界を食べる
輸入豚でも「NZ産」、食品規制の変更必要か

ニュージーランド(NZ)では昨年2月以降、食品会社は特定の原料について原産国の詳細を包装に明記しなければならなくなった。だが、豚肉商品などでは輸入豚肉を使用していても「NZで生産(made in New Zealand) […]

続きを読む
世界を食べる
ウズラ培養肉、豪食品安全局の1次評価通過

オーストラリアの培養肉会社Vowが製造販売を目指すウズラの培養肉が、このほどオーストラリア・ニュージーランド食品安全局(FSANZ)による食品安全性評価の第1段階を通過したことが分かった。評価が順調に進めば、来年にも同培 […]

続きを読む
世界を食べる
ジェトロ、在豪アジア人向けに日本産米PR

イベントでは餅つきの実演が披露された ジェトロ(日本貿易振興機構)シドニー事務所は9日、NNAオーストラリアと中国系イベント企業のクリエーターユニオンの協賛で、日本産米をアピールするプロモーションイベント「日本米祭」を開 […]

続きを読む
世界を食べる
WA最高額のレストラン開店、予約は満杯

パースのエリザベス・キーに今週、西オーストラリア州で最も高額なレストランと言われる高級ステーキハウス「6HEAD」がオープンした。こだわりの素材を使い、牡蠣1ダースは86豪ドル(1豪ドル=約98円)、1.5キログラムのワ […]

続きを読む
世界を食べる
ゼスプリ、キウイ生産者の売上予想引き上げ

ニュージーランド(NZ)のキウイフルーツ輸出最大手ゼスプリが、今年度の生産者の売上予想を引き上げた。2023/24年度(3月期)の予想は1トレー当たり9NZドル(1NZドル=約91円)で、8月時点の予想の8.10NZドル […]

続きを読む
世界を食べる
「ビッグ」は模倣にあらず、ハンジャがマックに勝訴

米ファストフード大手マクドナルドがオーストラリアの同業大手ハングリージャックスを相手取り、ハングリージャックスのハンバーガー「ビッグジャック」などが、同社の「ビッグマック」の商標権を侵害していると訴えていた件で、連邦裁判 […]

続きを読む