NZの全キウイ農園、禁止薬品の使用有無を検査

ニュージーランド(NZ)で昨年9月に、キウイフルーツの細菌病「Psa-V(Pseudomonas Syringae pv Actinidie)」の感染が拡大した際、一部の生産者が禁止されている薬品を使用した可能性があるとして、キウイフルーツ輸出業者ゼスプリ・インターナショナルは、国内のキウイフルーツ農園すべてを対象に検査を行う方針を明らかにした。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について