第153回 Choya Ume Japanese Plum Wine

「梅酒はワインの一種なんですか?」日本食海外普及推進機構(JRO)の開催した「日本食材・食品メニュー提案会」の会場で、見慣れた梅酒のボトルを見てみると英語でプラムワインと表記されていた。チョーヤ梅酒株式会社海外事業部の齋有雅さんによると、現在豪州に流通している同社のChoya Ume Japanese Plum Wineはワインベースの梅酒で、豪州では一般的な酒屋で気軽に購入できるほどポピュラーな商品だそう。海外のオンラインワイン購入サイトでも取り扱い多数なのには驚いた。

豪州ではテーブルワインとして、食事と一緒にワインを気軽に楽しむ習慣がある。プラムワインは、食事と一緒に楽しむには甘さが強いと思うが、食前酒、または食後のデザートワインにはぴったりだ。特に食欲がなくなる暑い夏にはよく冷えた食前酒が欲しくなる。

会場では梅酒を使ったカクテルやデザートを提案しており、梅酒とシャンパンを1対1で合わせた「チョーヤロイヤル」は早速試してみたい一品だ。フルーティで優しい味わいの梅酒とシャンパンの代わりにスパークリングセミヨンなどすっきりとした豪州産ワインをあわせて、グラスの中で日豪ワインの融合を楽しんでみたい。

公式SNSをフォロー