第172回 Petersons Wines

 シドニーのダーリングハーバーで7月1日から3日まで開かれたグッドフード・アンド・ワインショーに行った。会場では食品会社による調理実演や試食などのプロモーションで熱気に包まれていた。豪州の各地ワイナリー、また輸入ワインの業者も多く参加し、試飲コーナーを設ける。

 ワイナリーは単独でブースを出展するところもあれば、地域ごとのスペースにまとまって出展しているところがある。地域では南オーストラリア(SA)州のバロッサ・バレーのスペースが最も広く、同じくSA州のマクラレーン・ベールとクレア・バレー、首都特別区(ACT)のキャンベラも地域で参加していた。

 ニューサウスウェールズ(NSW)州のハンターバレーのワイナリーは、有名どころの「Broken Wood」「Tulloch」などが個別に出展していた。中でも来客が次々に興味を示していたのは、「Petersons Wines」の試飲用ボトルに取り付けた小型のかわいらしいデキャンタ。せっかくなので、小型デキャンタを通って注がれる赤ワインを試飲してみた。シラーズとカベルネ・ソービニョンどちらもマッジーにある同ワイナリーのもので、力強くミネラルを含んだような味わい。英語では「Earthy」と表現するのにふさわしい赤ワインだった。ちなみに、この小型デキャンタはひとつ30豪ドルで購入できるらしい。

公式SNSをフォロー