水産
豪の養殖、需要拡大で追い風、2015年には生産高倍増目指す

世界的な魚介類の需要拡大を背景に、天然水産資源をめぐる争奪戦が加速する中で、豪水産養殖業界はこのほど、7年後に生産高を倍増させる目標を掲げた。

続きを読む
水産
綿花生産から魚養殖へ、転向が奏功

淡水魚マレーコッド(タラ科の魚)の養殖で急成長、2年後には1ヘクタール当たり30万豪ドルの水揚げを目指す――。

続きを読む
水産
魚の需要増、今後7年で養殖生産倍増へ

国内の需要を満たすためには、今後7年間で魚の養殖生産量を倍増する必要がある――国営放送ABCが4日、伝えた。

続きを読む
水産
フカヒレ消費、豪州の環境保護派が圧力

大型海洋生物の保護に熱心な豪環境保護勢力が、攻撃の矛先をサメ漁業に向け始めた。

続きを読む
水産
バラマンディ養殖会社、事業拡大増収へ

バラマンディの養殖などを手掛ける水産会社オーストラリス・アクアカルチャー(本社パース)が、ベトナムでのバラマンディ養殖開始により、最高で前年度比約4倍の大幅な増収を見込んでいる。

続きを読む
水産
魚介類の対日輸出不振、マグロも苦戦

豪農業資源経済局(ABARE)は先月26日、2006/07年度水産業統計を発表した。

続きを読む
水産
水産業界、シーフードの統一名称を制定

豪水産業界は先月24日、魚介類の豪州名に関する全国統一基準(AFNS)のPR活動に着手した。

続きを読む
水産
豪企業、ベトナムでバラマンディ養殖へ

バラマンディの養殖などを手掛ける水産会社オーストラリス・アクアカルチャー(本社パース)は17日、北米や欧州への販路拡大を背景に、ベトナムでバラマンディの養殖事業を開始すると発表した。

続きを読む
水産
検疫強化でエビ輸入減、小売価格が高騰

豪検疫検査局(AQUIS)の分析機関バイオセキュリティー・オーストラリア(BA)が輸入エビに対する検疫を強化したことから、輸入量が激減。

続きを読む
水産
世界初、豪企業ミナミマグロ孵化に成功

豪企業がこのほど、日本で需要が多い刺身用高級魚のミナミマグロの養殖に道筋を付けた。

続きを読む