果物の輸入反対活動、政府が注意促す

豪検疫検査局(AQIS)傘下の分析機関バイオセキュリティー・オーストラリア(BA)は、海外からの輸入受け入れに対して激しい反対キャンペーンを展開しているリンゴとテーブルグレープ(生食用ブドウ)業界に対し、「豪州による海外市場進出を妨げる」行為として、キャンペーン活動を抑制するよう注意を促した。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について