米で確認された豪産牛肉O157、豪で不満広がる

米国で豪州産牛肉から病原性大腸菌「O157:H7」が発見されたことについて、豪州の食肉業界では不公平に汚染源が豪州側にあるとされているとして不満が広がっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について