鶏ブランドの表記規制、牛肉業界にも波及か

豪自由競争・消費者委員会(ACCC)が先月、ステグルズ(Steggles)とラ・イオニカ(La Ionica)の鶏肉ブランドが商品説明に「小屋の中を自由に歩き回れる状況(Free to roam in barns)で飼育した」と表記していることについて、消費者の誤解を招くとして連邦裁判所に訴訟したことで、牛肉産業にも影響が及ぶとの懸念が広がっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について