畜産AACo株売却、株主の承認必要に

 畜産大手オーストリアリアン・アグリカルチュラル・カンパニー(AACo)発行済み株式の42.8%を保有していた地方産業大手フューチャリスが、同19.9%株式を弁護士のマイヤー氏が中心のダンケルド・パストラル・グループに売却することで合意した件について、豪証券取引所(ASX)はAACoに株主の同意を得るよう求めたもようだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について