粗糖輸出窓口、現行のQSLが続行決定

 サトウキビの買い付けを行っているクイーンズランド・シュガー(QSL)の組織改正をめぐって、豪サトウキビ生産業者の8割が加入するケーングローワーズがこのほど、今後もQSLを粗糖輸出における主要取引業者として位置付け、組織変更を実施することに賛成したことが分かった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について